日興基礎株式会社
 アースドリル工法
 ・HND工法詳細
 ・STBC−SR II
       工法詳細
 GWP工法
 ・GWP工法詳細
 新工法
 保有機材
 
 
ジオウィング・パイルは、鋼管先端に翼とコーンが付いており杭を回転させることで貫入が可能。機能性、経済性に優れ、環境に優しい杭です。

 
■ジオウィング・パイルの特長

端翼の効果により大きな鉛直支持力と

  引抜き耐力を発揮
無排土施工のため泥水・残土の発生無し
回転貫入工法により低騒音・低振動施工を
  実現
3点式杭打ち機、全旋回機など汎用機によ
  る施工が可能
杭を逆回転させることにより引抜き撤去が
  可能。仮設工事にも有効
先端コーンにより芯ずれの少ない安定した
  施工が可能
 
公的認証
ジオウィング・パイルは国土交通大臣の認定工法です。(H15.4.17認定 認定番号:TACP-0061)
 
  適用地盤 基礎杭の先端地盤は砂質地盤(礫質地盤を含む)
基礎杭周囲の地盤は砂質地盤と粘土質地盤
  杭径(Dp) 杭の軸部径はø216.3〜800mm
  翼径(Dw) 軸部径の1.5〜2倍径
  最大施工深さ 施工地盤から60mもしくは130Dpの小さい方
       
  ※上記以外の施工範囲についてもご相談下さい

TOPへ

施工について
杭径、地盤条件等に応じて3点式杭打ち機もしくは全旋回機で施工します。
   
【3点式杭打ち機による施工】  
 

 
   
【全旋回機による施工】  
   
   
   
 
 
 
 

TOPへ