日興基礎株式会社
 アースドリル工法
 ・HND工法詳細
 ・STBC−SR II
       工法詳細
 GWP工法
 GWP工法詳細
 新工法
 保有機材
 
 

日本建築センターの評定を受けた、信頼性の高い工法です。

 
■STBC-SR II 杭
 鋼管とコンクリートとの一体構造により、場所打ち杭に比べ地震時の安全性と
 経済性が大幅に向上しました。
 <特長>
(1) 確かな耐震性能
 

 
大きな曲げ抵抗と保有耐力を有し、地震時の安全性に優れています。
(2) 優れた経済性
 

 
設計の自由度が高く、設計条件に応じた構造タイプの選択が可能です。
(3) 環境に優しい
 

 
杭径をスリムにできるため、排出残土が低減される環境に優しい工法です。
(4) 高い信頼性
 

 
鋼管とコンクリートとの一体性に優れたSTBC-SR II 鋼管は、信頼性の高い杭体を提供します。
 ≫STBC-SR II 杭の詳細はこちら(PDF)
 
 
■施工法

鋼管同時建込み工法

 

鋼管同時建込み工法

アースドリル工法、リバース工法いずれかの工法によって堀削を行います。鋼管挿入部の堀削径は、鋼管外径+200mm以上とし、鉄筋籠と鋼管を地上で接合して同時に建込みます。その後、鋼管内のコンクリートを打設し、鋼管上部よりコンクリートをオーバーフローさせバイブレータを使用して、鋼管外周にコンクリートを充填する工法です。鋼管の長さが14mを超える場合は、細径のトレミー管を使用して、鋼管外周にコンクリートを充填します。
@堀削(拡底)/一次スライム処理
A鋼管と鉄筋籠を地上で接合
B鋼管と鉄筋籠を同時に挿入/トレミー管挿入/二次スライム処理
C鋼管内のコンクリート打設
D鋼管外周にコンクリート充填(オーバーフロー工法)

TOPへ

同径堀削工法
 

同径堀削工法

アースドリル工法、リバース工法いずれかの工法によって堀削を行い、堀削径と同径またはそれより若干大きな径の鋼管をパワージャッキー、バイブロハンマー、またはケリーバによって圧入します。その後、鋼管内面を清掃し、鉄筋籠挿入、スライム処理、コンクリート打設を行なう工法です。
(1) 堀削(拡底)/一次スライム処理
(2) 鋼管圧入
(3) 鋼管内面清掃
(4) トレミー管/鉄筋籠挿入/二次スライム処理
(5) コンクリート打設
 
上図は主な鋼管設置工法を示す。
他の設置工法に、打設後圧入工法・ケーシング併用工法がある。

TOPへ

 
 
 
 

TOPへ