日興基礎株式会社
 アースドリル工法
 ・HND工法詳細
 ・STBC−SR II
       工法詳細
 GWP工法
 GWP工法詳細
 新工法
 保有機材
 
 
  HND工法(BCJ評定-FD0329-02)
 
平成22年4月23日、(一財)日本建築センターの変更評定を取得しました!
 
■HND工法の概要 評定証
  • 2倍拡底杭工法は拡底部径を軸部径の2倍まで拡幅し、拡底部有効面積は4倍とする事ができ、大きな支持力・杭耐力を得る事ができました。
  • 使用するコンクリート設計基準強度もこれまでの42N/mm2 から最大45N/mm2 まで使用する事ができます。

  • また、品質保証強度を3N/mm2 から0N/mm2 に低減できました。
 
■特徴
  • 拡大翼は側壁全断面掘削であり、立上がり部を含む所定の形状が確実に形成される。
  • 拡底部掘削完了後の孔底処理は、拡大翼の立上がり部に底ざらい用スクレーパーを取付ける事により、孔底部のスライムを中央ボディ内に収納できる。
  • 新開発の施工管理システムにより、確実な施工ができる。
 
■評定申し込み事項
  ・コンクリートの許容応力度
コンクリートの
種類
長期 短期
普通
コンクリート
圧縮 せん断 付着 圧縮 せん断 付着
長期の
2倍
長期の
1.5倍
長期の
1.5倍
  ただし、Fc:コンクリートの設計基準強度で、18〜45N/mm2とする。
 
  ・拡底バケットの寸法
既評定掘削機 BCJ-F522(追2) 追加掘削機 BCJ評定-FD0329-01
HND掘削機
機種
軸部径
d ( mm )
拡底部径
D1 ( mm )
HND掘削機
機種
軸部径
d ( mm )
拡底部径
D1 ( mm )
BK-10型 1000〜1300 1200〜1600 BK-10III 型 1000〜1300 1100〜2100
BK-10II 型 1000〜1300 1200〜1700 BK-11III 型 1100〜1400 1200〜2300
BK-11型 1100〜1400 1300〜1900 BK-12III 型 1200〜1500 1300〜2500
BK-12型 1200〜1500 1400〜1950 BK-13III 型 1300〜1700 1400〜2700
BK-12II 型 1200〜1500 1400〜2100 BK-14III 型 1400〜1800 1500〜2900
BK-13型 1300〜1700 1500〜2400 BK-15III 型 1500〜2000 1600〜3100
BK-15型 1500〜2000 1700〜2600 BK-16III 型 1600〜2100 1700〜3300
BK-15II 型 1500〜2000 1700〜2700 BK-17III 型 1700〜2300 1800〜3500
BK-17型 1700〜2300 1900〜3100 BK-18III 型 1800〜2500  1800〜3700 
BK-20型 2000〜2600 2200〜3600 BK-19III 型 1900〜2600 1900〜3900
BK-23型 2300〜3000 2500〜4100      
 
  ・既評定範囲と今回追加掘削機の施工範囲

≫拡大図はこちら

 既評定範囲と今回追加掘削機の施工範囲
 
■経済比較
  ・従来のHND杭工法との比較(一例)
 (杭長40M、拡底部径を3500mmで試算した場合)
経済比較
 
■施工管理装置の概要と作業風景
拡底施工管理装置の構成
拡底施工管理装置の構成
 
拡底状況表示画面
拡底状況表示画面
 
取付状況 拡底径確認状況
BK-17III 取付状況
 
 
  BK-17III 拡底径確認状況
 
試験体掘り出し状況
試験体掘り出し状況
軸部径 1000φ / 拡底径 2100φ
 
 
 
 
 

TOPへ